bandicam 2016-12-03 16-52-24-002.jpg
Gmailセキュリティってどうなんだろう?
という疑問があったので
調べてみました。
暗号化されているかどうかが
ポイントです。


Gmailのセキュリティの確認


Gmailは送受信するメールを
トランスポートレイヤセキュリティ(TLS)
を使用して自動的に暗号化をしています。
でも、一部のメールサービスが
TLSに機能していません。


その見分け方は
Gmailの送り主の下に
赤色の鍵マークで判断できます。
このマークがあると
暗号化されていないということです。
bandicam 2016-12-03 16-14-53-101.jpg

bandicam 2016-12-03 16-15-06-944.jpg

80%以上が暗号化されていると
言われています。
僕宛てにきたメールを
確認すると
ほとんど暗号化されていました。
暗号化されていると
鍵アイコンが表示されません
bandicam 2016-12-03 16-14-10-742.jpg

bandicam 2016-12-03 16-14-25-796.jpg


暗号化されて
いなかったのは
メルマガ
会社のメール!!
おいおい。大丈夫か!?
bandicam 2016-12-03 17-00-01-023.jpg
暗号化されていないと?が表示されます


こちらが送信する時も
赤い鍵アイコンが
タイトル右横になると
相手のメールアドレス
暗号化されていないので
気をつける必要があります。



Gmailセキュリティ強化は?


暗号化は
双方が暗号化していないと
機能しないので
僕の場合
会社が使っている
メール配信サービスに対して
暗号化対策を
促さないといけないようです^^;


個人的な方法は
Gmailのセキュリティは
設定でわざわざ
チェックを外さない限り
デフォルトで
強くなっていますが
さらに強化するには
アカウント
2段階認証にする方法があります。
bandicam 2016-12-03 16-52-24-002.jpg


これはログインされても
さらに別の方法で
認証されないと
データにたどり着けない
ようにする設定ですね。
銀行の「秘密の質問」
などがそうです。


ただ、これも
身内であれば「母親の旧姓は?」
といった質問なら
答えられてしまう可能性もあるので
例えば
旧姓が「山田」でも
あだ名が「おかん」という風に
自分の中で忘れないような
関連付けを答えにしておけば
よりいっそう安心ですね^^;


Gmailだけじゃないけど


Gmailは便利ですが
会社の機密文書などには
使わないでというアナウンスが
Googleのサポートセンターに
記載されていました。

今後暗号化の割合は
進んでいくみたいですが
手軽に使えるサービスは
どうなるかわからないと思って
大事なデータは
持ち出さない
直接手渡す
といったことも考えておきたいですね!



スポンサードリンク